透かし葉のメッセージカード作り

平塚市美術館に「絵本の原画展」と「透かし葉を作ろう」をしに行ってきました。
今回始めてこの美術館に行きましたが、すごく綺麗な施設でした。
透かし葉作りでは、約3時間という長い時間だったにもかかわらず娘は一所懸命にメッセージカードを作ってました。


絵本の原画展は正式タイトルは「世界の絵本がやってきた ブラティスラヴァ世界絵本原画展」と言い、10月1日まで展示されています。

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展は、1967年、当時のチェコスロヴァキアで開催され、現在はスロヴァキアの首都ブラティスラヴァで2年ごとにおこなわれる世界最大規模の絵本原画展です。(中略)今回は2005年秋に開かれた第20回展より、各国の受賞作品と日本から参加した19作家の作品を中心に紹介します。(略)」

(リーフレットより)


絵本はその国の特徴があるようで、国によって特徴があったように感じました。
また日本の作品には、我が家でも読んだことがある本もあり、絵本に印刷された絵とは違った原画の繊細さを見てちょっと感動しました。


「透かし葉を作ろう」では、ヒイラギの葉っぱで透かし葉を作り、メッセージカードにしました。
本来は苛性ソーダを使って葉っぱを煮るところからするのですが、子どもたちには危険なので煮終わった葉っぱを叩いて葉肉を落として、葉脈だけにするところから始まりました。

葉肉落としはこんな感じでします。
透かし葉つくり1

できあがった透かし葉は、こんな感じに葉脈だけになります。
透かし葉つくり2

この葉っぱを使って、メッセージカードを何枚か作りました。
その内の1枚。お友達へ。
透かし葉つくり3