出来ないとおかしいと考えてる事に反省

いかんいかん。
最近の一日の生活パターンから、「日記を書く」というのが抜けてしまってます。
ちょっとでも、書いていかなくては。

それでは今回の話題は、少し前になってしまいましたが転入の面接に関する話題です。

面接の際に先生から「お子さんの事で、困っている事とかありませんか。」と質問されました。

私が答えたのは、「出かける前の準備が遅くて困ってます。時間を気にしないでマイペースで歌を歌ったり、遊んだりしているのです。」でした。
それに対する先生の答えに、私は『ちょっと考え方を変えないといけないな。』と思わされました。
先生の答えは、「まだ小学校1年生、6歳なんですから時間感覚が無くても普通ですよ。」でした。
シュタイナーの先生方の懐の深さというか、愛情の深さというかうまく表現出来ませんが、とにかく「参りました~。m(__)m」状態でした。子供達の成長を、優しく見守っていただいている事を実感した感じでした。

小学生になったから急に出来るようになるわけではない。
当然のことなのに、出来なくてはおかしいと考えてしまう自分にちょっと反省。
でもまだ未熟な私は、毎朝マイペースで準備をしている娘をみながらイライラしちゃってます。だって、学校に行く時間が際限なく遅くなりそうなんだもん!<== 言い訳